武蔵村山市議会議員-ながほり武 公式ホームページ

ながほり武について
生年月日 昭和57年(1982年)12月21日生まれ
育ち 武蔵村山育ち
学歴 武蔵村山市立第二小学校→武蔵村山市立第五中学校→日本大学第二高等学校→日本大学文理学部
議会の役職 総務文教委員会、瑞穂斎場組合議会議員、交通対策特別委員会(副委員長)、横田基地の民間機利用促進等に関する調査特別委員会
趣味 スポーツ観戦、ジョギング
好きな言葉 【みんなちがって、みんないい】
金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」に出てくる言葉。すべてそれぞれ別々の価値があり、優劣など無いということを教えてくれる言葉です。相手があって自分がいる。それぞれの個性を大事にしていきたいです。

市議会議員として

武蔵村山市で育ちました

 昭和57年(1982年)12月21日生まれ。B型。男二人兄弟の次男。
 4歳のときに武蔵村山市へ転入。当時は岸地区に住んでおり、きし保育園を卒園。
 武蔵村山市立二小へ入学。野球チーム「隼」でキャプテンとして野球に打ち込む。
 武蔵村山市立五中へ入学。野球部で副主将を務める。
 日本大学第二高等学校、日本大学文理学部を卒業。バレーボール、ラグビー、アルバイト、音楽など何にでも興味を持ち、色々なことを経験。

 現在は、両親は三ツ藤、自分は三ツ木の峰地区に在住。

地元の武蔵村山市役所に勤める

 武蔵村山市、西東京市の嘱託員として学童クラブ勤務を経て、平成19年(2007年)に武蔵村山市役所へ入庁。防災安全課へ配属され、消防団の担当となる。生業の傍ら消防団員として活動する地域の方々と接し、郷土愛の素晴らしさ、大切さを学ぶ。
 東京都への研修派遣として建設局道路建設部鉄道関連事業課に出向。連続立体交差事業の協定事務を担う。東京都事務の規模の大きさと、他自治体職員の仕事ぶりを肌で感じ、行政職員としての心構えを学ぶ。
 企画政策課へ配属。総合計画の担当など、庁内の政策的な事務や重要施策を担当。市の全体を考えて仕事を進める重要性を学ぶ。
 係長職へ昇格し協働推進課主査となる。自治会、市民協働、地域コミュニティ、男女共同参画、消費生活、NPO関連事務などを幅広く担当。地域のつながりの大切さを学ぶとともに、その必要性と地域の弱体化への危機感を感じる。
 企画政策課係長を拝命。重要施策の担当係長として、総合計画、基地対策、地方創生、オリパラ関連事務などを担当。市の中心的な役割を担うことができ、市へもっと貢献したいという想いを再認識する。

地域活動しています

 武蔵村山市消防団第六分団に在籍。火災出動のほか、大雨・台風警戒、大雪警戒などにも出動。第六分団は小学校・中学校の先輩・後輩が多数在籍。
 武蔵村山市交通安全協会峰分会役員として、様々なイベントの警備・誘導、カーブミラー清掃、交通安全指導などを行っている。地元である峰地域の皆さんと活動することで、地域の親睦を図ることができている。

こんな人間です

 思い立ったらすぐ行動!地域へ貢献したいという想いから、安定した市役所もすぐに辞める決断をした。人と接することが好きで、人のつながりを重んじている。世間知らずで天然なところもあるが、まじめで何事にも真剣に取り組む。短気なところがあるので、気を長く持つよう心がけることが課題。
 趣味はスポーツ観戦とジョギング。スポーツは全般的に好きだが、特に良く見るのは野球とサッカー。ジョギングは体力づくりのために最近始めた。
 昔から歴史が好きで、特に戦国時代や幕末を好む。新撰組が好きなのだが、敵対関係にあった坂本龍馬も尊敬している。その時代に捉われない全く新しい発想や高い志と行動力を持って新時代の先駆けとなり、明治維新の原動力となった坂本龍馬のように、武蔵村山市がより良いまちに発展するための原動力になりたいと思っている。

決意

 地元・武蔵村山市のために働きたいと市役所に入庁して約12年。仕事を通じて地域の様々な方と関わり、話をする中で行政課題について考えさせられました。消防団、交通安全協会などの地域活動を通じて、市民一人ひとりの力の重要性、地域への愛着の大切さを学びました。
 自分が育ったまちを、みんなにもっと好きになってもらいたい。子どもや若い人には、ずっと武蔵村山に住み続けてもらいたい。そのためには、今までこのまちを守り育ててきた世代との融合が必要であり、地域を継承・発展させていかなければなりません。
 安定した市役所での生活を捨て、武蔵村山市にすべてを捧げる思いで一念発起。若さと行動力で地域を元気に!持ち前の行動力と思いやりと熱い情熱で、武蔵村山市に新たな風を吹き込むべく、高い志と強い武蔵村山愛を持って、市政に向き合ってまいります。

政策

【住んでよかったと思えるまちづくり】

 武蔵村山市では、仕事の都合などにより転出される若年層の方が多くいます。
武蔵村山市で育った方が武蔵村山市を愛し、武蔵村山市に住み続け、武蔵村山市に住んでよかったと思えるようなまちづくりを目指します。
そして、住みやすく、武蔵村山市に住んでいる誰もが自分のまちを誇れるようなまちづくりを推進します。

 ●誰もが誇れるまちづくり
武蔵村山市には狭山丘陵など豊かな自然があり、狭山丘陵、里山民家、かたくりの湯などの魅力的な観光資源があります。
また、昔から農業や商工業も盛んなほか、村山かてうどんなど魅力的な食文化もあります。地域の魅力を最大限引き出すことにより地域への愛着を高めるとともに、農業・商工業の活性化を図り、地産地消を推進することにより郷土愛を醸成します。
そして、地元・武蔵村山市を誰もが好きになり、誇れるようにしていきます。

 ●住みやすいまちづくり
子育て世代には保育サービスの充実や遊び場の確保、高齢者には介護サービスの充実や居場所の確保、障害者には生活環境の整備や就業機会の確保など、それぞれに応じた福祉サービスの充実を図ります。
また、文化・スポーツなどの振興により生涯学習を充実し、誰もが不自由なく楽しみながら暮らせるまちづくりを推進します。

 

【住みたいと思えるまちづくり】

 武蔵村山市には駅が無く、鉄軌道交通が通っていないことが課題であるため、できる限り早急に環境整備を行います。
また、近年の地震災害、豪雨災害などに備え、安全安心なまちづくりを行うことにより、いま武蔵村山市に住んでいる方だけでなく、他の地域に住んでいる方も住みたいと思えるまちづくりを目指します。

 ●利便性の高いまちづくり
  多摩都市モノレールの箱根ケ崎方面への早期延伸は市民の悲願です。
私が子どもの頃からいつ来るかいつ来るかと言われていました。東京都への要望活動など、市政と協力し早期開通を目指します。また、渋滞の緩和など道路交通網の整備を推進します。

 ●安全安心なまちづくり
  防災対策の要は自助・共助です。
自主防災組織や消防団などの組織を中心として、地域に住む一人ひとりが一致協力することにより、地域防災力の強化を図り、特に共助による防災体制の充実を目指します。
また、犯罪の無いまちをめざして、詐欺被害防止も含め防犯対策を強化していきます。

【住み続けたいと思えるまちづくり】

 まちづくりを持続的に進めていくためには、今まで地域を支えてきた皆様に加え、若い世代の参画も必要です。
誰もが自分たちの住む地域に興味を持ち、世代を超えて融合し、行政に頼るのではなく「自分たちのまちは自分たちでつくる」という意識のもと、オール市民で武蔵村山市の未来を創っていけるよう、共に考え行動します。
そして、武蔵村山市がいつまでも住みやすく、住み続けられるようなまちにしていきます。

 ●絆がつくるまちづくり
  人口減少・少子高齢化社会の進展に伴い、地域力が弱体化しています。
いざというとき頼りになるのは行政ではなく地域の力であり、人のつながりを強化し、地域の輪を広げることで地域力の向上を目指します。
また、子ども時代から郷土愛を育み、将来も武蔵村山市に住みたいと思ってもらえるよう、地域による子育てや教育を充実し、次世代の地域の担い手を育てます。

 ●持続可能なまちづくり
  武蔵村山市がこれからも発展し続けていくには、若者や女性の参画が必要です。
自分の住むまち、行政、議会などに興味を持っていただき、それぞれができる範囲内で参画していただけるよう取り組みます。そして、性別や年齢に関わらず地域の担い手を増やしていくことで、まちの持続的な発展を目指します。
また、武蔵村山市が将来に渡って発展し続けていくためには、健全な行財政運営により、税金などの財源を賢く効果的・効率的に活用することが求められます。市役所での職務経験を生かして、今後の財源不足も見据えた行財政改革、組織改革を推進します。

別窓で開く(PDFファイル)